【2.受診準備|PET-CT受診体験レポート】

受診2週間前からNG事項がいっぱい!

受診前の資料

【回生病院から送られてきた資料】

 

近場の病院からPET-CT検査を最安で探すには?

 

問診票等の資料が事前に到着

申し込むとすぐに資料が郵送されてきました。

 

このプランには便潜血検査や喀痰細胞診は入っていないので、検便や痰の採取はなく、作業は問診票や同意書の記入だけです。

 

ただ、問診票や同意書は分量があり、病歴やアレルギーなどの記入事項が多い人はよく読んでしっかり書く時間が必要です。

 

また、PET検査独特の項目があり、興味深く読みました。

 

PET検査というのは、体にFDGというブドウ糖に似た放射性検査薬剤を入れて、それが正常細胞よりがん細胞が大幅にたくさん吸収されることを利用した検査です。

 

しかし、炎症や疲労があると、その部位の正常細胞もたくさん吸収してしまうので、紛らわしくなります。

 

これを防ぐため、検査日のかなり前から注意が必要なのです。

 

PET受診前後の注意事項
  • 炎症がある部分にもFDGが集まるので、最近の外傷・打撲・転倒について聞かれる。
  • 疲労した部位にFDGが集まるので、検査日前1週間は激しい運動禁止。
  • 鍼灸やマッサージの施術部位にFDGが集まるので、3日前から施術はNG。
  • バリウムの残渣が診断の妨げになるので、検査日前2週間はバリウム検査禁止。
  • 検査後24時間は体から微量の放射線が出るので、授乳や妊婦・乳幼児との密着は禁止。

 

人間ドックを実際に受けてみて、検査当日だけでなく、直前の期間に余裕が必要というのを実感したのですが、PET検査の場合は特にそうなんだな、と思いました。

 

そしてPET検査の場合、検査後の注意まであります。

 

妻はピアノの先生で小さい子供にも教えているので、受診の日はレッスンを入れないようにしました。

 

つづき(3.PET-CT以外の検査)を読む

 

近場の病院からPET-CT検査を最安で探すには?