【3.PET-CT以外の検査|PET-CT受診体験レポート】

PET検査は一番後

大阪回生病院

【新大阪駅から直通の大阪回生病院】

 

いよいよ、検査当日の朝となりました。

 

京都からJRで新大阪へ。大阪回生病院は駅と陸橋でつながっていてすぐです。

 

近場の病院からPET-CT検査を最安で探すには?

 

受付

朝、指定通りに9時10分に行って申し出ると、自動支払機に案内されました。

 

私の人間ドックは後払いでしたが、この病院では機械での先払いで、現金だけでなく、カードも使えるようです。

 

発行された領収証を係りの人に渡すと受付が完了し、検査室に案内されました。

 

このように先払い・後払い、カード可否などは医療機関によって異なるので、間際にあわてないように事前に確認したほうがよいです。

 

身長・体重・血圧と医師の問診

MR等の検査が先に行われました。

 

たぶん、PETの後だと体から放射線が出るので、その状態で院内をうろうろしない方がいいからだと思います。

 

PET施設内以外は他の受診者さんが多いため、撮影許可が下りなかったので、簡単に書きます。

 

まず、検査着に着替え、女性の場合はメイクを全部落とします。

 

化粧品の一部は、PET検査では火傷を起こすなど、危険なのです。

 

身長測定

 

次に身長・体重・血圧の測定です。

 

このうち、体重はPETの検査薬剤FDGの量の決定に使われます。

 

非常に高価で短時間で無効になってしまう薬剤のため、体重に合わせた必要量を検査直前に作るらしいです。

 

その後、診察室に行って医師の診察を受けます。

 

閉所恐怖症はないか、体で気になる症状はあるか、インプラントとかはあるか、などを聞かれたそうです。

 

案外平気だった頭部MR検査

次に上のフロアーに移動して、頭部MR検査。

 

「閉所恐怖症までいかないが、ちょっとその傾向はあるかも」と話していたので、心配していたのですが、大丈夫だったようです。

 

「目をつぶっていたら怖くなかった」とのこと。

 

事前に私からどんなものか聞いていたことも大きかったのではないかと思います。

 

「ウルトラセブンで宇宙人に洗脳されるシーンと似ていた。」という感想には、的を得ていて笑いました。

 

つづき(4.PET-CT検査(準備編))を読む

 

近場の病院からPET-CT検査を最安で探すには?